会の創始者
平成十五年11月九日 がんセンターの肝臓がんの患者である
岡 峯満さんによって「ひまわりの会」が設立されました。
患者同士助け合い 病を上手にのりきろうをモットーに
作られました。


2017年9月11日月曜日

10月の集いの案内

10月8日(日)  13:00~15:00 G6患者サロンにて

患者さんと家族の会で、とても話安い会です。
体験者からの話に、いいヒントが得られるかもしれませんよ。
今、悩んでいる事を話してみませんか?
参加は、自由です。
後半ピアノと、リラクゼーションもあります。

9月の集いの内容

9月10日 13:00~15:00  参加者14名

 ・少し涼しくなって、久しぶりの方の参加がありました。

  ・会に参加して皆と顔を合わせて笑う事が一番。
  ・セカンドオピニオンを受けてみて、
    それぞれに合った治療法を見つける事が大事。
    誰にも同じ効果があるとは限らない。
  ・深刻に考えすぎて良いことは、ない
    楽天的に生きてるひとが良い。病は気から!
    一人で抱え込まないで、家族に話したら楽になった。
  ・治療を止めてみて好調になることもある。

2017年8月16日水曜日

8月の集いの内容

8月13日 13:00~15:00  参加者11名

・お盆にも関わらずいつものメンバーの参加

・セカンドオピニオンの話
    いろんな方法を模索して、九州だけでなく大阪の病院で
    セカンドオピニオンを申し込んだ。
    支援センターよりコンタクトをしてもらいカルテを送って
    診断を仰ぐことになる。(例30分15000円等)

・第7回市民公開講座 放射線治療と治療  9月30日エルガーラホール

・多くの薬を飲むことがおおいが、漢方にしてもその体調変化を
 しっかり記録して行うことが肝心。

・院内で行っているヨガに参加して
    優しいヨガで、循環がよくなったような気がする

・ホスピスの話
    家の近くから選んだ方がなにかと便利

2017年7月10日月曜日

7月の集いの内容

7月9日 13:00~15:00   患者サロンにて参加者18名

・いつものメンバーに加え入院中の患者さん家族も参加して
 それぞれの、話を自由に語り合った。

・ラドンの含有量が多い三朝温泉に行く予定の方の話
 (温泉中のラドンから放出される微量の放射能を吸収する事で
  身体の細胞を刺激し、免疫力向上、血液の改善の効果があると
  言われている)

・気功の話
 (正しく行える方が少ない)

・検診の意識が大事
 (つい後回しになりがち)

・新しい種類のがんが分かり、医療者も日々の勉強が大変であろう。
 患者も一か所だけの診断をうのみにせず、2ンドオピニオンを
 してみるのもよい。

2017年6月12日月曜日

6月のピアノコンサート

6月26日  2階講堂  19:00~

 患者さん、家族のかた、医療者どなたでも自由参加できます。

6月の集いの内容

6月11日 13:00~15:00  がんセンターG6 患者サロンにて

参加者13名

・禁煙の話で盛り上がった。
  
  →動作で習慣性ができているので、にせの煙草でごまかす。
   
  →センターに禁煙外来ができた。
 
  →末期の緩和ケアーでは、場所は限定されるが、尊厳を重んじ
   吸わせてもらえる。 (安心した。笑い)

・漢方は慎重に
  
  →優しいイメージがあるが、体に作用することを軽く考えてはいけない。

  →少ない料から試して、自分の体の変化に敏感にきをくばる。
    そして、増やす料を考慮。

ひまわりの会ばら鑑賞

5月21日  福岡市 海ノ中道公園にてばら鑑賞会をしました。
お天気もよく、ばらも満開に咲き誇り 見ごろで気持ちの良い一日でした。
みんなの顔も 笑顔満開です。